【完全個室】藤沢、横浜にあるパーソナルトレーニングジム / 一生リバウンドサポート付

インスタグラム

COLUMNボディメイク
お役立ちコラム

Outlineではお客様と従業員の健康と安全を最優先に
新型コロナウイルス対策を徹底しております。
>>詳しくはこちら<<

     

ダイエット中の食事はどうしたらいい?ローファット・ローカーボについてご紹介!

7年間で1000人以上のカウンセリングやボディメイクを担当しましたアウトライン代表の私、小林がお伝えしていこうと思います。

子連れOKで女性専用の完全個室パーソナルトレーニングジムのOUT LINE(アウトライン)です。

「アウトライン」とはフィットネス用語で、身体の外側の曲線ラインということを意味します。

綺麗なボディラインを作って生涯リバウンドを防ぐことが、アウトラインのコンセプトになります(^ ^)

このコラムでは、プライベートジムのお役立ち情報を定期的にお送りしております!

今日は、「ダイエット中の食事方法2種類」についてお話ししようと思います!

男性女性に限らず、ダイエット中にローファット(脂質を抑える)やローカーボ(糖質を抑える)なんてやり方をされる方も多いのではないでしょうか?

ローファットandローカーボの注意点のご紹介

ローカーボの注意点

糖質を抑えたやり方をするのであれば、しっかりと脂質を摂取する!ということ。

脂質が少なすぎると、せっかく筋肉やその他の細胞の元にする為に摂取したタンパク質がエネルギーに変わってしまう=筋肉が落ちてしまうということに繋がります。せっかくトレーニングをしてきたのにもったいないですよね!

加えてケトン体も作り出されずより痩せづらくなってしまうので、しっかりと脂質を摂取しましょう(カロリーの半分以上を目安にする)

 

ローファットの注意点

ローカーボと反対で脂質を抑えたやり方ですので、その場合は糖質をしっかりと摂取しなければいけないということ!

糖質の摂取が少ないとタンパク質を多く摂ることになってしまい、エネルギーとなる糖質が少なくなり多く摂っているタンパク質がエネルギーになる=これも筋肉が落ちてしまうという結果に繋がってしまいます。

トータル摂取カロリーの約6割を糖質で摂れると良く、内訳としましては糖質タンパク質脂質の順に、6:3:1がベスト!糖質が多い分、脂質がしっかりと抑えられているかが肝心になります。

糖質の種類もGI値の低いもの、蕎麦やさつまいも、オートミールや玄米などなら量を摂っても太ることなく満腹感も得られますので、しっかりと糖質を摂取して行ってみてくださいね!

ローカーボもローファットも、どちらもロー(少なく)にするのはひとつだけ!

どちらかを減らしたらどちらかを増やしてしっかりタンパク質も摂取するというのがポイントです!

自分に合ったやり方を選択して是非実践してみてくださいね!


皆様、いかがでしたでしょうか。

お役に立てましたか?

藤沢、横浜、川崎、池袋、新宿、町田がお近くでパーソナルトレーニングでボディメイクを行いたい方や、初心者の女性、産後ダイエットで子連れで通いたい、本気で痩せたいと思っているお客様はぜひ一度ご連絡下さいませ。

お客様一人一人に親身になって心の底からサポートすることをスタッフ一同心がけております。

ぜひ、他社には無い最上級の知識とホスピタリティ溢れるサービスをお試しください。

短期間に痩せてもリバウンドするという概念を無くせます!

女性トレーナーも在中しておりますので、話しにくいご相談も可能です。

どんなご質問やご相談もお受け致しますので、お待ちしております。

女性専用で子連れOKのダイエット&ボディメイク専門ジム/OUTLINE(アウトライン)

女性専用の直営店は、横浜駅に6店舗と藤沢駅に2店舗と川崎と池袋と新宿と町田と北千住で出店中

《一生リバウンドサポート付》

参考:女性専用パーソナルジム OUTLLINEではカウンセリングを受付中です!