【厳選】ソイプロテインおすすめ比較ランキング10選!選び方や効果を徹底解説

この記事にはプロモーションが含まれます。

トレーダ歴7年のこうきさんこうきさん

ソイプロテインのおすすめが知りたいです。ダイエットが目的ならば、ソイプロテインがおすすめなのでしょうか?

簡単に説明すると、ソイプロテインは大豆から作られた植物性プロテインで、低カロリーかつ乳糖を含まないため、多くの人に適したプロテインです。

もし現在

  • 筋肉を増やしたい
  • ダイエットをしたいが、空腹が辛い
  • プロテインを飲むと、下痢になりやすい

上記のような悩みを抱えている方は、本記事で紹介しているおすすめのソイプロテインをチェックしてみてください。

おすすめのソイプロテインに関する簡単なまとめ
  • おすすめのソイプロテイン10商品を紹介
  • 選び方のコツはタンパク質含有量と味に注目をする。
  • 筋肉を増やして健康にも気をかけたい人におすすめ
  • ソイプロテインは腹持ちがよくダイエット向き

本記事では、おすすめのソイプロテインを10個紹介するだけではなく、選び方や男性・女性がソイプロテインを飲み際のポイントもあわせて紹介します。

小林広和
この記事の執筆者
執筆者-小林広和
株式会社アウトライン代表
20年に及ぶトレーニング期間の中、肉体改造に加え、時には10キロ以上の体重増減を繰り返してきた。
長年のトレーニング経験を踏まえた指導により、大手プライベートジムで初年度に最優秀トレーナー賞を受賞。
一人ひとりに適したメニューをカスタマイズし、どんな方に対しても理想の身体へとモデルチェンジさせることを得意とする。

取得資格

NSCA認定パーソナルトレーナー

NSCA認定パーソナルトレーナー

SNS
目次

ソイプロテインは筋肉増強や健康維持におすすめ!

ソイプロテインは筋肉増強や健康維持におすすめ

ソイプロテインは、筋肉増強だけでなく健康維持にも優れた選択肢です。肉、魚、卵など様々な食材から必要なタンパク質を摂取する代わりに、ソイプロテインを利用すれば、必須アミノ酸を手軽に一つで摂取できます。

これは筋肉の成長を促進し、トレーニングの成果を最大化するだけでなく、植物由来のタンパク質を好む方にも理想的です。さらに、ソイプロテインは健康をサポートし、全体的な栄養バランスの改善にも寄与します。

ホエイプロテインに比べ脂質が少なく腹持ちも良い

ホエイプロテインとソイプロテインは、それぞれ独自の特性を持ちます。ホエイプロテインは牛乳由来の動物性タンパク質です。

筋肉作りに有効なBCAAを豊富に含み、素早い吸収が特徴であります。これは特にトレーニング後の迅速なタンパク質補給に最適です。

一方、ソイプロテインは大豆から生成される植物性タンパク質で、ゆっくりとした吸収が特徴であり、脂質が少なく腹持ちが良いという利点があります。さらに、粉末プロテイン全般では、タンパク質を豊富に含む食品と比較して脂質含有量が低いことが指摘されています。

このため、牛乳や大豆から抽出されたホエイプロテインやソイプロテインを含む粉末プロテインは、健康的な選択肢として注目されています。2種類のプロテインの特性は、健康意識の高い人々やダイエット中の人々にとって、優れた栄養補助食品となります。

ソイプロテインは男女ともに健康効果に期待できる

ソイプロテインは、男女ともに健康に対する多くのメリットがあります。大豆由来の植物性プロテインであるソイプロテインは、消化吸収が穏やかで脂質が少ないため、間食や寝る前の食事コントロールに適しています。

また、乳糖を含まないため、乳製品に敏感な人にも適しており、動物性の食品を避けたい方にもたんぱく質補給の良い方法です。ホエイプロテインには乳糖が含まれてしまいます。

さらに、生活習慣病に繋がりにくいこともメリットの一つです。大豆タンパク質は、腸内でコレステロールの吸収を抑えることから、脂質異常症になるリスクを下げる効果が期待でき、これにより動脈硬化を促進させるさまざまな生活習慣病の要因を減らすことが可能です。

自分にあったソイプロテインを選ぶ際のポイント

自分にあったソイプロテインの選び方のポイント

ソイプロテインの選び方について、あなたの目的に合った製品を選ぶポイントをご紹介します。

筋肉を付けたい方は高たんぱく質含有率の製品

健康維持やダイエットを目指す方は味わい豊かな製品がおすすめです。

以下では、あなたにあったソイプロテインの選び方を詳しくお届けいたします。

筋肉を付けたい人はタンパク質含有量が高いプロテインを選ぶ

ソイプロテイン選びで最も重要なのは、たんぱく質含有率です。たんぱく質の含有率が高い商品を選ぶことは、必要な栄養をより効率的に摂取することを意味します。

特に、含有率が75%以上のソイプロテインは、たんぱく質1gあたりのコストが低く、経済的です。たんぱく質の適切な摂取は、運動をしない成人の場合、体重1kgあたり1g、運動をする場合は1.2〜2gとされています。

例えば、体重60kgの人の場合、運動をしていなくても1日あたり60gのたんぱく質が必要です。日常の食事だけでこれを摂取するのは難しいため、たんぱく質含有率が高くコストパフォーマンスの良いソイプロテインの選択が賢明です。

健康維持・ダイエット目的の人は味にこだわった製品がおすすめ

ソイプロテインは、そのままの「ノンフレーバー」タイプも人気ですが、一部の人には粉っぽい味が気になる場合があります。このため、和菓子風味など大豆の風味を生かした味付きソイプロテインがおすすめです。

きなこやココア、バナナ、ミルクティー味など豆乳の味と合うフレーバーが豊富にあり、ダイエット中の「ごほうび」としても適しています。ただし、味の良い製品は価格が高くなりがちで、たんぱく質1gあたりの価格が10円以上になることもあるので、購入時には価格も考慮することが大切です。

フレーバーによっては、若干の粉っぽさが残るものの、豆乳ミルクティーのようなリアルな味わいで好評な製品も多いです。

ソイプロテインおすすめランキング10選

ソイプロテインおすすめランキング10選

 

商品名 Myprotein ソイプロテイン FIXIT MAKE BALANCE ソイプロテイン 光生 ソイプロテイン SAVAS ソイプロテイン SAVAS プロ ウェイトダウン VALX ソイプロテイン MADPROTEIN ソイプロテイン HIGH CLEAR ソイプロテイン100 GronG ソイプロテイン NICHIGA 大豆プロテイン  
マイプロテイン ソイプロテイン MAKE BALANCE ソイプロテイン KOUSEI ソイプロテイン ソイプロテインザバス ザバスプロテインプロ バルクスソイプロテイン MADPROTEIN ハイクリア ソイプロテイン グロング ソイプロテイン 大豆プロテイン
参考価格 3,150円
(1kg)
3,880円
(1kg)
2,502円
(1kg)
3,564円
(900g)
3,455円
(870g)
3,480円
(1kg)
2,370円
(1kg)
2,998円
(750g)
2,980円
(1kg)
2,480円
(1kg)
一杯あたりの価格 約95円 約78円 約50円 約111円 約111円 約70円 約47円 約100円 約75円 約50円
一杯あたりのタンパク質含有量(含有率) 約27g
(90%)
約15.3g
(81.8%)
約15g
(75%)
約20g
(71%)
約20g
(71%)
約16.1g
(80.5%)
約16.1g
(80.6%)
約17.6g
(70.4%)
約20g
(80%)
約16.8g
(84.1%)
公式サイト
 

Myprotein ソイプロテイン|タンパク質含有量90%

販売価格 3,150円
1食あたりのエネルギー量 102kcal
内容量 1kg
タイプ ホエイプロテイン
原産国 イギリス
タンパク質含有量 90%
成分

エネルギー:108kcal
脂質:0.5g
飽和脂肪酸:0.2g
炭水化物:0.5g
糖類:0.2g
タンパク質:27g
食塩相当量0.2g

イギリスの有名サプリメントブランド【マイプロテイン】から発売されている「ソイプロテイン アイソレート」です。たんぱく質含有率が90%と高く、コストパフォーマンスに優れています。

ホエイプロテインが有名なマイプロテインですが、ビーガンにも対応したソイプロテインは、植物性成分のみを使用し、水や牛乳ともよく混ざり、オーツミルクやアーモンドミルクとも相性が良いため、幅広いニーズに応えることができます。

フィットネス愛好者からの支持を集めており、たんぱく質を効率的に摂取したい方に最適です。

FIXIT MAKE BALANCE ソイプロテイン|お腹に優しく低カロリー

販売価格 3,880円
1食あたりのエネルギー量 73.2kcal
内容量 1kg
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 81.8%
成分

エネルギー73.2kcal

たんぱく質15.3g

脂質0.8g

炭水化物1.3g

食塩相当量0.35g

鉄2.5mg

マグネシウム60mg

カルシウム110mg

乳酸菌3.0mg

食物繊維391mg

ビタミンA 215 ug

ビタミン B6 0.4mg

ビタミン B12 0.6mg

ビタミンC 25mg

ビタミンE 1.8mg

ビタミンD 1.5ug

FIXITの「MAKE BALANCE ソイプロテイン」は、たんぱく質含有率81.8%で、炭水化物と脂質を控えめに設計しています。そのため、ダイエット中の方やたんぱく質の摂取を重視する方に最適です。

特徴は、ソイプロテインならではの粉っぽさやとろみがなく、スッキリとした喉越しとサラサラの舌触り。甘いココアの風味が心地よく、飲みやすい自然な甘さが好評です。さらに、6種類のビタミンと3種類のミネラルに加え、食物繊維と乳酸菌が配合されており、お腹に優しい配慮もされています。

このスッキリした味わいは、毎日飲んでも飽きることなく続けられます。たんぱく質を重視しながら、さっぱりとした味わいを求める方にはぜひお試しいただきたいプロテインです。

光生 ソイプロテイン|遺伝子組み換え大豆未使用

KOUSEI ソイプロテイン

販売価格

2,502円
1食あたりのエネルギー量 80kcal
内容量 1kg
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 75%
成分 エネルギー:80.28kcal
タンパク質:15.06g
脂質:0.06g
炭水化物:4.88g
食塩相当量:0.38g

KOSEIの「ソイプロテイン」は、繊細なミルクティーの風味が楽しめるプロテインで、遺伝子操作されていない大豆を使用し、必要なビタミンとミネラルを豊富に含んでいます。76%の高いたんぱく質率と、一食あたりわずか80kcalを実現しています。

また、たんぱく質のコスト効率も高く、長期間使用するにも適しています。「まるでミルクティーのような自然な味わい」と好評を博しており、水に溶かすだけで軽やかな口当たりが得られます。

ダイエット中にも間食として利用しやすく、その手軽さと味の良さで、日常的な使用にも最適です。KOSEIのソイプロテインは、優れた栄養価、満足のいく味わい、経済的な価格の三つの要素が絶妙にバランスを取っている、実用的で人気の高い選択肢です。

SAVAS ソイプロテイン|水にも溶けやすく飲みやすい

ソイプロテインザバス
販売価格 3,564円
1食あたりのエネルギー量 103kcal
内容量 900g
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 71%
成分 エネルギー107kcal
たんぱく質20.0g
脂質1.6g
炭水化物3.1g
食塩相当量0.62~1.43g
ナイアシン 2.8~8.3mg
ビタミンB1 0.67mg
ビタミンB2 0.76mg
ビタミンB6 0.56mg
ビタミンC 43mg
ビタミンD 12.1ug

大手お菓子メーカーの明治から出されているSAVASのソイプロテインは、4種のビタミンB群、ビタミンC、Dを配合し、たんぱく質含有率が71.4%でカロリーが1杯107kcalです。味は飲みやすくで、粉っぽさが少ないと評価されています。

明治SAVASは初心者だけではなく、筋トレ愛好家にも人気で飲みやすいです。Amazonでの評価は高く、ドラッグストアやコンビニで手軽に入手可能です。

タンパク質摂取に適しており、特にSAVASはプロテイン初心者にも飲み始めやすくおすすめです。

SAVAS プロ ウェイトダウン|ダイエット効果のある成分配合

ザバスプロテインプロ
販売価格 3,455円
1食あたりのエネルギー量 103kcal
内容量 1kg
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 71%
成分 エネルギー103kcal
たんぱく質20.6g
脂質1.4g
炭水化物1.9g
食塩相当量0.63〜1.46g
カルシウム 280mg
鉄 4.87mg
マグネシウム 56mg
ナイアシン 2.9~8.5mg
パントテン酸 0.61mg
ビタミンA 147~453μg
ビタミンB1 0.67mg
ビタミンB2 0.76mg
ビタミンB6 0.56mg
ビタミンB12 0.14μg
ビタミンC 43mg
ビタミンD 12.1μg
ビタミンE 1.27mg

明治のSAVAS「 プロ ウェイトダウン」は、炭水化物が1.9gと低くダイエットに適しており、10種のビタミンとミネラルを配合しています。味に関しても満足度が非常に高いです。

たんぱく質含有率は71%とやや低めですが、脂肪燃焼に有効なガルシニアエキスを配合しており、空腹感の抑制と脂肪合成の抑制効果が期待されます。

水でも牛乳でもおいしく飲めるため、ダイエット中や筋トレの減量期にもおすすめです。

VALX ソイプロテイン|チョコレート味がユーザーから高評価

バルクスソイプロテイン
販売価格 3,450円
1食あたりのエネルギー量 76kcal
内容量 1kg
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 80.5%
成分 エネルギー76kcal
たんぱく質16.1g
脂質1.0g
炭水化物0.7g
食塩相当量0.5g

人気の筋トレ系YouTubeチャンネルの筋トレ大学を運営する「VALX(バルクス)」から出されているソイプロテインです。Amazonで星4以上の高評価を得ています。

たんぱく質含有率は約80%で、味の良さで継続しやすいソイプロテインです。溶けやすさにも優れ、大豆の風味が抑えられたチョコレートの甘さが好評ですが、人工的な甘みが強いと感じる人には不向きかもしれません。

低カロリーでたんぱく質1gあたりの価格が安いため、ダイエット中の甘いもの代わりに飲むのに適しています。

MADPROTEIN ソイプロテイン|天然甘味料使用でフレーバーも豊富

MADPROTEIN
販売価格 2,370円
1食あたりのエネルギー量 77kcal
内容量 1kg
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 80.6%
成分 エネルギー77.0kcal
タンパク質17.6g
脂質0.2g
炭水化物1.0g
食塩相当量0.86g

MADPROTEINのソイプロテインは天然甘味料使用で、フレーバーが豊富な点が魅力です。たんぱく質含有率は80.6%で、脂質・炭水化物が低く、ダイエット中の摂取に適しています。

自然な甘さが評価されていますが、とろみや粉っぽさを感じるという意見もあり、濃厚な飲み心地が苦手な人には不向きかもしれません。フレーバーは豊富であり、国内製造でリーズナブルな点も特徴で、特に甘党の人にはシャインマスカットやブルーベリーチーズケーキ味などがおすすめです。

やや溶けにくさがあるので、水分量を調整して飲むとよいでしょう。

HIGH CLEAR ソイプロテイン100|味にこだわりご褒美感覚で飲める

ハイクリア ソイプロテイン
販売価格 2,998円
1食あたりのエネルギー量 96kcal
内容量 750g
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 70.4%
成分 エネルギー:96.0kcal
タンパク質:17.6g
脂質:1.4g
炭水化物:3.3g
食塩相当量:0.5g

HIGH CLEARから出されているソイプロテインです。特に黒糖きなこ風味ソイプロテインは、和風デザートのような美味しさで、しっかり振ればダマにならず溶けることが特徴です。

たんぱく質含有率は70.4%で、炭水化物と脂質がやや多めですが、その分、飲みごたえと腹持ちが良く、日本人の味覚に合わせた豊富なフレーバーが魅力です。

ダイエット中の食事代わりにも適していますが、1日の摂取量は控えめにすることがおすすめです。

GronG ソイプロテイン|タンパク質含有量80%で栄養も豊富

グロング ソイプロテイン
販売価格 2,980円
1食あたりのエネルギー量 92kcal
内容量 1kg
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 80%
成分 エネルギー 92kcal
タンパク質 20.0g
脂質 0.7g
炭水化物 1.7g
食塩相当量 0.5g
カルシウム 80mg
マグネシウム 40mg、
鉄 4.4mg、
ビタミンA 388μg、
ビタミンD 2.5μg、
ビタミンE 2.6mg、
ビタミンB1 1.0mg
ビタミンB2 0.6mg
ナイアシン 5mg
ビタミンB6 0.7mg
ビタミンB12 1.2μg
葉酸 110μg
パントテン酸 2.6mg
ビタミンC 46mg

Ultimate LifeのGronGから出されているソイプロテインです。評価が特に多い 黒糖きなこ風味は、たんぱく質含有率80%、脂質0.7gで高い評価を得ています。植物由来の甘味料と11種のビタミン、3種のミネラルを配合し、きなこの自然な甘味が特徴です。

しかし、もったりとした重めの喉越しは、一部のユーザーには合わないかもしれません。特に運動後にすっきりとした味が好きな方には、苦手と感じるかもしれません。

食事の置き換えダイエットをしている方で飲みごたえを求める人には最適で、食事代わりにもなりますが、軽い飲み心地を好む人には不向きです。

NICHIGA 大豆プロテイン|国内工場製造で安全性が高い

大豆プロテイン
販売価格 2,480円
1食あたりのエネルギー量 72.8kcal
内容量 1kg
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 84%
成分 エネルギー 72.8kca
たんぱく質 18g
脂質 0.2g
炭水化物 1.0g
食塩相当量 0.3g

NICHIGAの「大豆プロテイン」はコスト効率が高く、セット販売を実施しています。4kgセットはタンパク質20gあたり約40円と非常にお得です。毎日の使用でも1日120円程度で済みます。

たんぱく質含有率は高い84%で、1杯72.8kcalの低カロリー。日本国内の安全基準に沿って製造されているため、安全性も確実です。ただし、大豆の風味が強くどろっとした味わいなので、甘みのあるプロテインを好む人には不向きかもしれません。

安くて効果的なたんぱく質摂取を求める人には最適な選択です。

ソイプロテインについてよくある質問

ソイプロテインについてよくある質問

ソイプロテインを摂取するタイミングや適量を教えてください。

ソイプロテインの適量は体重1kgあたり1gで、60kgの人ならば60gです。トレーニングを行う場合はタンパク質がより必要になりますので、最大で体重1kgあたり2gまで増やすことができ体重が60kgの場合120gになります。

摂取タイミングは、ダイエット目的では食事の置き換えや間食時、ボディメイクならトレーニング後から就寝前、一般的な栄養補給では食事と組み合わせて朝や就寝2時間前に分けて飲むのがおすすめです。

女性はソイプロテインを飲んではダメなのですか?

女性がソイプロテインを摂取する際は、糖質の吸収を遅らせる効果やダイエットのサポート、美容効果、腸内環境の改善など多くのメリットがあります。

しかし、大豆イソフラボンの摂取量に注意が必要です。適量内であれば女性ホルモンのバランスを整える効果も期待できますが、過剰摂取はホルモンバランスを乱す可能性があるため、閉経前女性は64mg/日、閉経後女性は74mg/日を上限として摂取することが推奨されています。

男性がソイプロテインを飲むのは危険ですか?

男性がソイプロテインを摂取することについての誤解がありますが、科学的にはテストステロン値に影響がないことが確認されています。イソフラボンの適量摂取は男性の健康に問題を引き起こさないため、1日75mg以下の摂取であれば安全です。

ただし、イソフラボンの過剰摂取は避けるべきで、特に40歳以上の男性では過剰摂取による副作用のリスクがあります。ソイプロテインは男性にもダイエットや健康維持の面でおすすめできる食材です。

【まとめ】ソイプロテインおすすめ比較ランキング10選

ソイプロテイン10選 まとめ

この記事ではソイプロテインの効果、性別におけるメリットとデメリットについてまとめてきました。また、人気の高いソイプロテイン製品をランキング形式で紹介しています。

ソイプロテインは低カロリーかつ低脂質であり、特にウェイトダウンを目指す人や健康維持を考える人におすすめです。一方、筋肉を大きくしたいことを第一優先とする場合はホエイプロテインが向いています。

目的に沿ったプロテインを選び、自分の好みに合った味のプロテインを選んでいきましょう。

目次
閉じる