男性におすすめのプロテインランキング!筋トレに最適な飲み方や選び方も徹底解説

この記事にはプロモーションが含まれます。

トレーダ歴7年のこうきさんこうきさん

筋トレをして、理想の身体になりたいです。男性におすすめのプロテインを教えてください。

男性なら誰もが、引き締まった身体•筋肉質なボディに憧れたことはありませんか?筋トレをしてプロテインを飲む。

しかし、どのようなプロテインを飲めば理想の自分に近づくことができるのか悩んではいませんか?

もし現在、

  • プロテインを飲んで、理想の自分に近づきたい!
  • どの種類のプロテインを飲めばいいのかわからない…
  • プロテインを飲むタイミングを知りたい!

上記のような悩みを抱えている方は、本記事で紹介している男性におすすめのプロテインをチェックしてみてください。

男性におすすめのプロテインランキング!筋トレに最適な飲み方や選び方も徹底解説
  • 男性におすすめのプロテインを厳選8種類紹介
  • WPI製法のプロテインを選択し、栄養成分のバランスをチェックする
  • プロテインは筋トレ前後に摂取する
  • 理想の男性に近づくには、プロテインが必要不可欠
小林広和
この記事の執筆者
執筆者-小林広和
株式会社アウトライン代表
20年に及ぶトレーニング期間の中、肉体改造に加え、時には10キロ以上の体重増減を繰り返してきた。 長年のトレーニング経験を踏まえた指導により、大手プライベートジムで初年度に最優秀トレーナー賞を受賞。 一人ひとりに適したメニューをカスタマイズし、どんな方に対しても理想の身体へとモデルチェンジさせることを得意とする。
取得資格

NSCA認定パーソナルトレーナー

NSCA認定パーソナルトレーナー
SNS
目次

【筋トレ向け】男性におすすめのプロテイン一覧表

【筋トレ向け】男性におすすめのプロテイン一覧表
商品名 マイプロテイン ALPRON WPI プロテイン ALPRON WPC プロテイン SAVAS ホエイプロテイン100 クリアホエイプロテインアイソレート FIXIT ホエイ プロテイン DAILY BASIC + LYFT ホエイプロテイン アイソレート ディファレント F&W WPC ホエイプロテイン
マイプロテイン アルプロンWPI アルプロンWPC SAVAS ホエイプロテイン100 クリアホエイプロテインアイソレート FIXITプロテイン lyftプロテイン F&W WPC ホエイプロテイン
参考価格 6,390円
(1kg)
4,130円
(900g)
3,996円
(900g)
6,264円
(980g)
9,877円
(1kg)
5,980円
(1kg)
6,480円
(900g)
3,390円
(1kg)
一杯あたりの価格 約193円 約137円 約133円 約178円 約299円 約181円 約216円 約113円
一杯あたりのタンパク質含有量(含有率) 約23g
(76%)
約26.5g
(88%)
約23.9g
(79%)
約19.5g
(71%)
約24g
(80%)
約25g
(83%)
約25.8g
(86%)
約21.2g
(74%)
公式サイト

トレーニングの成果を最大化するためには、適切なプロテイン選びが鍵を握ります。筋トレの効率化を望んでいる男性におすすめのプロテインを比較し、あなたに合ったプロテイン見つけるお手伝いをします。

「マイプロテイン Impact Whey」は1kgで6,390円ですが、公式サイトで購入する際にクーポンコードがありますので、手頃な価格で購入が可能です。1回分のコストは定価で193円で、プロテイン含有量は23g(76%)となっています。

一方、高価格帯にあたる「NATURECAN ナチュラルホエイ」は1kgで9,877円となりますが、タンパク質含有量は24g(80%)と高めです。

価格と含有量のバランスを取りたい場合には、「ALPRON WPI」や「ALPRON WPC」が適しており、特にWPIの商品は1回分137円と他社のWPI製法プロテインと比較してみても経済的で、タンパク質含有率も88%と非常に高いです。

品質や購入の手軽さを重視する方には、「SAVAS ホエイプロテイン100」がおすすめです。1回分178円とリーズナブルでありながら、フレーバーのバリエーションが豊富で飽きることなく続けられます。
タンパク質含有率は19.5g(71%)と他と比べるとやや低いですが、継続しやすい価格設定が魅力です。また、薬局やスーパーマーケットでも購入が可能です。

さらに、「FIXIT ホエイ ロテインDAILY BASIC +」は1kgで5,980円、タンパク質含有率は25g(83%)とバランスが良く、味の種類も複数用意されています。

また、「LYFT ホエイプロテイン」はWPI製法で作られており、900gで6,480円、タンパク質含有率は25.8g(86%)。価格は少々高めですが、味の評判も良く人気の高いプロテインです。

そして「F&W WPC ホエイプロテイン」は1kgで3,390円とコストパフォーマンスも優れていながら、タンパク質含有率は21.2g(74%)と安定した品質を誇ります。

プロテインの味わいもトレーニングの継続性に影響する要素です。続けやすい味を選ぶことで、長期間にわたりプロテインを楽しみながら摂取することができます。

【失敗しない】男性におすすめなプロテイン選びのポイント

【失敗しない】男性におすすめなプロテイン選びのポイント

男性におすすめなプロテイン選びにはポイントがあります。

プロテインには2つの製法過程があります。WPI製法とWPC製法の2つです。たんぱく質含有量が高く、脂質が少ないWPI製法のプロテインは、特に注目すべき選択肢です。

また、タンパク質だけではなく、脂質や炭水化物の三大栄養素のバランスも重要になります。タンパク質が多くても、脂質と炭水化物が多ければ、ダイエットには向いていません。

プロテイン選びで迷っている方は、以下のポイントを意識してみて、自分に最適なプロテインを見つけてください。

WPI製法のプロテインはタンパク質含有量が高く脂質が少ない

筋トレ後の迅速な栄養補給に適した、必須アミノ酸が豊富で吸収が早いプロテインには2つの製法があります。これらはWPI製法とWPC製法に分類されます。

たんぱく質の吸収を最大化したい場合、WPI製法が推奨されます。この方法は、たんぱく質以外の成分を最小限に抑え、たんぱく質含有率を80%以上に保ち、低脂質です。

さらに、乳糖が少ないため、乳糖不耐症の人にも適しています。

一方で、WPC製法のプロテインはお手頃な価格で1kgあたり約3,000円ですが、WPI製法の製品は1kgあたり6,000円以上することが相場になります。

タンパク質・炭水化物・脂質のバランスを確認する

たんぱく質、脂質、炭水化物は筋トレにおける重要な栄養素です。たんぱく質は筋肉のエネルギー源であり、含有率75%以上のプロテインが理想的です。

WPI製法の製品は多くがこの基準を満たします。また、脂質2g以下、炭水化物4g以下の商品を選ぶことで、不要なカロリーを抑えられます。

ホエイプロテインの成分評価では、含有率がバラつきがあり、高含有率のものは飲みやすさも評価されています。プロテイン1杯あたりの標準たんぱく質量は15g以上で、これにより60kcal以上のエネルギーが得られます。

商品選びではパッケージの栄養成分表示を確認し、効率的なボディメイクに役立てましょう。

男性におすすめのプロテインランキング8選

男性におすすめのプロテインランキング8選

筋トレ効果を最大化するために、男性におすすめの8種のプロテインを紹介します。毎日のトレーニングは、正しい栄養補給があってこそ成果を発揮します。

こちらでは、それぞれのプロテインが持つ独自の特性と、価格、タンパク質•カロリー、炭水化物•脂質の三大栄養素、微量栄養素などの成分表を表示しています。

最適なプロテイン選びで、あなたのボディメイクをサポートし成果を加速させましょう。

今こそ、理想の身体を手に入れるプロテインを選んでみましょう。

マイプロテイン ナチュラルチョコレート|世界中で愛用されるおすすめNO.1

ナチュラルチョコレート
販売価格 6,390円
1食あたりのエネルギー量 114kcal
内容量 1kg
タイプ ホエイプロテイン
原産国 イギリス
タンパク質含有量 73%
成分

エネルギー: 114 kcal

脂質: 1.9 g

飽和脂肪酸: 1.1 g

炭水化物: 1.8 g

糖類: 1.5 g

タンパク質: 23 g

食塩相当量: 0.14 g

MYPROTEINのImpact ホエイ プロテインは、必須アミノ酸であるBCAAを4.5g配合し、トレーニングを行う人々に最適なプロテインです。

たんぱく質含有率は72%で、WPC製法商品の中では平均的な数値です。炭水化物と脂質は両方とも2g以下に抑えられており、1杯あたりのエネルギー量は100kcal未満。

ダイエットを目的にしている方や筋肉を大きくしたいと願っている男性でも、おすすめのプロテインになります。

また、しっとりとした粉質と、とろみのある喉越しは、満足感を高める要素として挙げられます。

ALPRON WPI プロテイン|タンパク質含有量90

アルプロンWPI
販売価格 4,130円
1食あたりのエネルギー量 113kcal
内容量 900g
タイプ ホエイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 88%
成分

エネルギー: 113 kcal

たんぱく質: 26.5 g

脂質: 0.4 g

炭水化物: 1.0 g

糖質: 0.8 g

食物繊維: 0.2 g

食塩相当量: 0.1 g

「ALPRON WPI プロテイン」は、高度なWPI製法を用いて作られたホエイプロテインで、高い品質と純度が特徴です。このプロテインはたんぱく質含有率が約90%にも達し、1回分(30g)で約27gのたんぱく質を効率的に摂取することが可能です。

特に、たんぱく質の摂取量を重視するトレーニング上級者や、筋肉増強を目指すアスリートに適しています。

また、乳糖を含まないため、乳糖不耐症の方でも安心して利用できるのが大きな利点です。

この製品は、体調管理や筋力アップを図る方にとって、理想的な栄養補助食品と言えるでしょう。

ALPRON WPC プロテイン|プロテイン初心者向け

アルプロンwpc
販売価格 3,996円
1食あたりのエネルギー量 115kcal
内容量 900g
タイプ ホエイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 79%
成分

エネルギー: 115 kcal

たんぱく質: 23.9 g

脂質: 1.1 g

炭水化物: 2.5 g

糖質: 2.2 g

食物繊維: 0.3 g

食塩相当量: 0.1 g

「ALPRON WPC プロテイン」は、WPC製法を採用して製造されたホエイプロテインで、その品質と効果が高く評価されています。このプロテインはたんぱく質含有率が約80%と高く、一回分(30g)の摂取で24gのたんぱく質を効率良く摂ることが可能です。

特にプロテインの初心者や日常的な健康維持を目指す方に適しており、手軽に高品質なたんぱく質を摂取できる点が魅力です。

ただし、乳糖不耐症の方には、乳糖を含む可能性があるため、WPI製法のプロテインの方が適しているかもしれません。

ALPRON WPC プロテインは、手軽さと高品質を求める方に最適なプロテインと言えるでしょう。

SAVAS ホエイプロテイン100|くちどけが滑らかでゴクゴク飲める

SAVAS ホエイプロテイン100
販売価格 6,264円
1食あたりのエネルギー量 111kcal
内容量 980g
タイプ ホエイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 71%
成分

エネルギー 111kcal

たんぱく質 19.5g

脂質 2.0g

炭水化物 3.7g

食塩相当量 0.31~0.76g

ナイアシン 3.6~15.1mg

ビタミンB1 0.67mg

ビタミンB2 0.76mg

ビタミンB6 0.56mg

ビタミンC 43mg

ビタミンD 12.1μg 

SAVASの「ホエイプロテイン100」は、リアルなチョコレート風味で溶けやすく、滑らかな舌触りが特徴の低カロリープロテインです。1杯あたりのエネルギー量が83kcal、脂質が1.5gと控えめで、ダイエット中の方にも安心。

たんぱく質含有率は70%と若干低めですが、体づくりに必要なビタミンを含んでおり、栄養バランスも考慮されています。おやつ感覚で楽しめる味わいは、溶かしたチョコレートのようと高く評価されています。

ダマにならずに水に溶けるため、飲みやすさも抜群。

これからプロテインを始めたい方から、普段から飲用している方まで幅広くおすすめできるプロテインです。

クリアホエイプロテインアイソレート|ジュース感覚で飲める

クリアホエイプロテインアイソレート
販売価格 9,877円
1食あたりのエネルギー量 109kcal
内容量 1kg
タイプ ホエイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 80%
成分 エネルギー 109kcal
脂質 0.2g
炭水化物 4g
たんぱく質 24g
食塩相当量 0.0g

Naturecanの「クリアホエイプロテインアイソレート」は、たんぱく質含有率80%で効率的な摂取ができ、炭水化物0.4g、脂質0.2gと低く健康的です。水に溶けやすく、ジュースのように飲みやすいです。

また、アイソレートプロテインなので、牛乳でお腹を下しやすい人にも安心しておすすめできます。このプロテインは、たんぱく質含有率が80%で、さらに、炭水化物と脂質も少なく、効率的なボディメイクに最適です。


味に関しても、ジュースみたいに飲みやすく、毎日のトレーニング後に素早くたんぱく質を補給でき、持続可能な飲用感を実現しています。

これは、健康的かつ効率的なたんぱく質摂取を目指す人にぴったりの商品です。

FIXIT ホエイ プロテイン DAILY BASIC +|独自製法で乳糖がほとんど含まれない

FIXITプロテイン
販売価格 5,980円
1食あたりのエネルギー量 103kcal
内容量 1kg
タイプ ホエイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 88%
成分

エネルギー:108kcal

脂質:0.4g

炭水化物:1.0g 

タンパク質:25g

食塩相当量0.2g

G.Oホールディングスの「ホエイ プロテイン DAILY BASIC +」は、高たんぱく質含有率88%、炭水化物1g、脂質0.4gという栄養バランスで、効率的なたんぱく質補給に最適です。

独自のろ過方法により乳糖をほぼ含まず、日々の食事不足を補うことができます。味に関しても、人工的な甘さを避け、自然な甘みでココアのような味わいが特徴です。

プロテイン特有の味が苦手な人や初めての方にも飲みやすいと好評です。

この製品は、たんぱく質を効率よく摂りたい方に理想的な選択肢と言えるでしょう。

LYFT ホエイプロテイン アイソレート|ダマができず飲みやすい

lyftプロテイン
販売価格 6,480円
1食あたりのエネルギー量 115kcal
内容量 900g
タイプ ホエイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 86%
成分

エネルギー: 115 kcal

タンパク質: 25.8 g

脂質: 0.7 g

炭水化物: 1.6 g

食塩相当量: 0.1 g

LYFTの「ホエイプロテイン アイソレート」は、高たんぱく質含有率とカロリー控えめの配合で、日々のプロテイン摂取に最適です。脂質は1g以下と低く、健康的にたんぱく質を摂取できます。

特筆すべきはその粉質の軽さで、わずかなシェイクでダマなく溶け、スムーズに飲むことができます。味については、プロテイン特有の味が苦手な人にも飲みやすいと評されています。

ただし、とろみがなく水のような感覚は、一部の方には物足りなさを感じさせるかもしれません。

おいしさと効率の良い吸収を求める方には、このプロテインが理想的な選択となるでしょう。

ディファレント F&W WPC ホエイプロテイン|コスパが良く続けやすい

F&W WPC ホエイプロテイン
販売価格 3,390円
1食あたりのエネルギー量 103kcal
内容量 1kg
タイプ ホエイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 74%
成分

エネルギー:122kcal

脂質:2.2g 

炭水化物:4.2g

タンパク質:21.2g

食塩相当量0.25g

F&Wの「ホエイプロテイン」は、コストパフォーマンスと味の良さに重点を置いたプロテインです。特にそのチョコレート風味が際立っており、水に溶かすとカカオの香りが広がり、適度な甘さがゴクゴク飲むことを可能にします。

評判も高く、「チョコレートドリンクのような味わい」と「すっきりとした喉越し」が特に好評です。

ただし、たんぱく質含有率は平均的です。一杯あたりの炭水化物と脂質量がやや多めなので、日々の食事でこれらの摂取量が多い場合、量の調節が必要になるかもしれません。

本格的なチョコレート風味を求めるが、カロリー管理も重要視する方には、このホエイプロテインが適しています。

【筋トレ効果を最大化】プロテインを飲むベストなタイミング

【筋トレ効果を最大化】プロテインを飲むベストなタイミング

筋トレの効果を最大限に高めるためのプロテインの効果的な摂取方法を解説します。皆さんはプロテインをどのタイミングで飲んでいますか?

もしかすると、その飲み方が効果を十分に引き出せていないかもしれません。

既に知っている方もそうでない方も、理想の体型に効率よく近づくために、この方法をぜひ確認してみてくださいね。

筋トレ直後の45分以内は「筋合成のゴールデンタイム」

筋トレ後の45分以内は、筋肉のタンパク質合成が活性化する「ゴールデンタイム」です。この時間内にプロテインを摂取することで、効果を最大化できます。

さらに、糖質と一緒に摂ると、インシュリンの分泌により筋肉への必須アミノ酸の取り込みが増え、タンパク質の合成と筋力増強が促進されます。

可能であれば、プロテインだけでなくバランスの良い食事を取ることが推奨されます。このタイミングを利用することで、筋トレの効果を高めることができます。

筋トレ前に飲むことでアミノ酸不足を防ぎ筋肉分解の予防になる

筋トレによる筋肉の成長は、筋繊維の修復と太くなる「超回復」プロセスによるものです。これには24~48時間の休養とタンパク質が必要です。

筋トレ前のプロテイン摂取で、血液中にアミノ酸が蓄積され、筋肉分解を防ぎます。ホエイプロテインは、筋トレ60分前までに摂ると効果的で、食事よりも素早く筋肉にアプローチできます。

食事からのタンパク質は消化に3~4時間かかるのに対し、ホエイプロテインは45分程度で吸収されるため、筋トレ効率を高めるために推奨されます。

筋トレを行う男性におすすめなプロテインについてよくある質問

筋トレを行う男性におすすめなプロテインについてよくある質問

筋トレをする男性によくあるプロテインに関する一般的な質問に答えていきます。

多くの男性は、引き締まった筋肉質な体を目指したり、余分な脂肪を落として理想の体型を手に入れたいと思っています。

これを実現するために役に立つ、よくある質問について答えていきますね。

細マッチョになるためのプロテインの飲み方は?

細マッチョになるためのプロテインの適切な飲み方には、たんぱく質含有率が高いプロテインの選択、トレーニング後の摂取、1日に30gを2回~3回飲むことが推奨されています。

好みの味を選ぶことで継続しやすく、過剰摂取は避け、食事の補完として考えることが大切です。

プロテインの種類にはホエイプロテインとソイプロテインがあり、それぞれに特性があります

男性のダイエットにもプロテインは効果的ですか?

男性のダイエットにプロテインの利用は効果的です。特に筋トレと組み合わせることで筋肉増加を促し、体を引き締めるのに役立ちます。

選ぶ際は、たんぱく質が多くカロリーが少ないタイプが望ましいです。

プロテインには筋肉増加、手軽なたんぱく質摂取、体調改善のメリットがありますが、食事のアンダーカロリー、PFCバランス、低GI食材の摂取、食事回数の増加など、食事管理も重要です

プロテインを飲めばマッチョになれますか?

プロテインの摂取は筋肉の成長を助ける効果がありますが、プロテインだけを摂取してもマッチョにはなれません。筋肉をつけるには、適切な筋トレとプロテインの組み合わせが重要です。

プロテインは筋トレによってダメージを受けた筋繊維の修復や成長に必要なたんぱく質を提供します。体重に応じたたんぱく質の摂取量を目標にすることが推奨されており、例えば体重55kgの人では、1日に約110gのたんぱく質を摂取することが良いとされています

【まとめ】筋トレを行う男性におすすめなプロテインランキング

【まとめ】筋トレを行う男性におすすめなプロテインランキング

男性におすすめのプロテイン選びに関して、重要なポイントを解説してきました。

適切なプロテインの選択には、WPC製法とWPI製法の二つの主要なタイプを理解すること、そしてタンパク質、脂質、炭水化物といった栄養素のバランスを考慮することが含まれます。

これらの要素を踏まえてプロテインを選ぶことで、理想の体型への道が開けます。男性にとって、プロテインの摂取は筋肉増強やダイエットのサポートに役立ちます。

筋トレ前後に好みのプロテインを取り入れて、健康的で楽しいフィットネスライフを実現しましょう。

目次
閉じる