【悪評】ザバスのプロテインはおすすめしない?理由やデメリットを徹底解説

この記事にはプロモーションが含まれます。

トレーダ歴7年のこうきさんこうきさん

サバスのプロテインを調べると効果がないと出てきます。スーパーや薬局で販売されていて手に入れやすいけど実際はどうなのかな。

ザバスのプロテインは、お菓子メーカーである明治から発売されています。初心者の方でも、手に入れやすいです。

もし現在

  • サバスのプロテインの購入を考えている。
  • 購入前にメリット・デメリットについて知っておきたい。
  • 他社と比較をしてみたい。

上記のような悩みを抱えている方は、本記事で解説をしているザバスのプロテインについて知識を深めてください。

ザバスのプロテインはおすすめしない?まとめ
  • ザバスのプロテインは他社よりコスパが悪い?糖質が多い?
  • 実施に飲んでいるユーザーの声は賛否両論が溢れている!
  • ザバスのプロテインにはメリット・デメリットが存在する!
  • コスパが悪いが、国産で安心できる!
小林広和
この記事の執筆者
執筆者-小林広和
株式会社アウトライン代表
20年に及ぶトレーニング期間の中、肉体改造に加え、時には10キロ以上の体重増減を繰り返してきた。 長年のトレーニング経験を踏まえた指導により、大手プライベートジムで初年度に最優秀トレーナー賞を受賞。 一人ひとりに適したメニューをカスタマイズし、どんな方に対しても理想の身体へとモデルチェンジさせることを得意とする。
取得資格

NSCA認定パーソナルトレーナー

NSCA認定パーソナルトレーナー
SNS
目次

【要確認】ザバスのプロテインがおすすめしないと言われる理由

【要確認】ザバスのプロテインがおすすめしないと言われる理由

他のプロテインよりもコスパが悪い

ザバスのプロテインは、他のブランドと比べて価格が高めであるという口コミが見られます。プロテインは長期的に摂取するものなので、価格は重要な選択基準の一つとなります。

実際のコストを検討する際には、プロテインの内容量や品質、提供される栄養価も考慮に入れることが重要です。また、定期的に購入することで割引が適用される場合や、大容量パッケージを選ぶことで単価を抑える方法もあります。

個々のニーズや予算に合わせて、最適な選択をするためには、これらの要素を総合的に考慮することがおすすめです。

ザバスとその他のプロテインの値段を比較

メーカー価格
SAVAS(ザバス)980g 5,994円
ビーレジェンド1kg 3,480円
マイプロテイン1kg 6,390円
エクスプロージョン3kg 5,990円

日本の人気プロテインを比較してみました。ザバスは公式サイトで980gが5,994円ですが、これはビーレジェンドのプロテインより約1.8倍高い価格です。

また、マイプロテインは1kgが6,390円ですが、公式サイトに掲載されているクーポンコードを使うとマイプロテイン公式サイトでの50%オフのセールが頻繁にあります。

日本のエクスプロージョン社から出ているプロテインは3kgが5,990円で、1kgあたりは2000円台前半です。

ザバスもAmazonや楽天市場で購入すると安くなりますが、他のプロテインと比べるとコストパフォーマンスはそれほど良いとは言えないかもしれません。

プロテインの中でも糖質が高い

ザバスのホエイプロテイン100、ココア味の一食分(28g)には炭水化物が3.3g含まれています。この量はご飯一杯分(150g)の糖質量54.9gと比較して非常に少なく、実際にはご飯一口(約15g)に含まれる糖質量5.5gとほぼ同等です。

プロテインの中で見れば糖質は高い部類ですが、気にし過ぎるほどではありません。それでも気になるという方は、ザバスの別の製品、アスリートウェイトダウン(チョコレート風味)がお勧めです。

この製品の一食分(21g)には、さらに少ない1.0gの炭水化物が含まれており、より管理しやすい選択肢となっています。 

ザバスとその他のプロテインの糖質を比較

メーカー一食あたりの糖質量
SAVAS(ザバス)3.3g
ビーレジェンド2.2g
マイプロテイン1.8g
エクスプロージョン4.4g

ザバスのプロテインが糖質が多いという口コミがあるものの、実際には他のブランドと比べて著しくザバスプロテインの糖質が多いわけではないことが分かりました。この調査では、ビーレジェンド、マイプロテイン、エクスプロージョンのプロテインと比較し、その差は数グラムに過ぎないことが明らかになりました。

なお、プロテインの中には「ウエイトゲイナー」と呼ばれる種類があり、これは特に体重を増やしたい人向けに推奨されるプロテインで、糖質をプロテインパウダーに混ぜた製品です。しかし、今回の比較対象は通常のプロテインであり、そのため糖質の量には大きな差は見られませんでした。

結果として、ザバスのプロテインが特別に糖質が多いというわけではなく、一般的なプロテインと同様の糖質レベルを持っていることが確認できます。

人工甘味料を使用しており健康に良くない

ザバスのプロテイン製品には、スクラロースやアセスルファムKといった人工甘味料が使われています。これに関して、一部のユーザーからは「人工甘味料を使用しているため使用を控えるべき」という意見があります。

健康への影響や味覚への好みが、その理由として挙げられることがあります。しかし、これらの甘味料は日本の公的機関によって安全性が認められており、適量を守れば健康上のリスクは低いと考えられます。

人工甘味料を含む食品添加物についての詳細な情報は、厚生労働省のウェブサイトで確認することができます。

ザバスには人口甘味料不使用のプロテインもある

甘みを控えたプロテインをお探しの方は、人工甘味料や砂糖が含まれていない商品を選ぶことをお勧めします。人工甘味料にはアスパルテーム、アセスルファムK、スクラロースなどがあり、これらはカロリーが低く、少ない量で強い甘みを提供するため、多くの甘いプロテイン製品で使用されています。

商品の成分表示を確認し、これらの甘味料が含まれていないかをチェックすることが大切です。また、ザバスのラインナップには、人工甘味料を使用していない製品もあります。

例えば、ミルクプロテイン脂肪0(ミルク風味)は甘さを抑えたドリンクタイプで、ゴクゴク飲めます。さらに、トップアスリート向けのPROシリーズからは、プロWPIハイパワーとプロWPIクリアがあり、これらは人工甘味料を使用していないため、甘さを控えたい方にも適しています。

ザバスのプロテインに対するユーザーの声を確認

ザバスのプロテインに対するユーザーの声を確認

ザバスのプロテインについて、X(旧Twitter)で実際に使っているユーザーの意見を調べた結果、様々な声が集まっています。

一部のユーザーからは、プロテインが「美味しくない」と感じられることや、「コストパフォーマンスが悪い」という批判的な意見が挙がっています。

これらの声は、特に製品の味や価格に関するユーザーの懸念を反映しているようです。

しかしながら、同時に「ザバスのプロテインが自分に合っている」と感じ、継続的に使用しているユーザーも多く存在しています。

これらのポジティブな反応は、製品の効果や品質に対する信頼を示しており、ユーザーによっては高い満足度を得ていることが伺えます。結果として、ユーザーの意見は分かれるものの、ザバスのプロテインが多くの人に選ばれている理由があることがわかります。

横にスクロールできます

ザバスプロテインを利用するデメリット・欠点

ザバスプロテインを利用するデメリット・欠点

プロテイン感が強く美味しくない

人工甘味料や天然甘味料を含むプロテインは、
プロテイン感が強い特有の味がすることもあります。ザバスのプロテインにも人工甘味料が含まれています。

プロテインの美味しさは、原材料や添加物に大きく依存します。従来のソイプロテインは独特の粉っぽさがありましたが、現在のホエイプロテインは水に溶けやすく、飲みやすい特性を持っています。

また、牛乳や豆乳、アーモンドミルクなどと混ぜることで、さまざまな味わいを楽しむことができます。そのため、プロテインを選ぶ際には、不要な添加物が少ないものを選ぶと良いでしょう。

手軽に購入できるがコスパが良い方ではない

ザバスのプロテインは、一般的なスポーツショップや薬局で容易に購入できるため、ユーザーにとって手に入れやすい製品です。しかし、価格に関しては、1kg当たり4000円から5000円程度とやや高めであり、コストパフォーマンスに関しては他の製品と比べて特筆すべき優位性はないと言えます。

ただし、オンラインでの購入では、店頭価格よりも安価に手に入れることが可能です。
さらに、プロテイン市場全体の動向を考慮すると、原材料費の高騰や輸送費の上昇により、今後ザバスの製品価格が上昇する可能性があります。

既に多くのプロテインメーカーが価格を上げており、大幅な値下げは期待しにくい状況です。ザバスのプロテインを選ぶ際は、これらの要因を考慮し、個々のニーズと予算に合わせた適切な選択をすることが勧められます。

ザバスプロテインを利用するメリット

ザバスプロテインを利用するメリット

商品のラインナップが豊富で目的にあったものが見つかる

ザバスは、プロテイン製品を4つの異なるシリーズで提供しています。

まず「プロシリーズ」は、トップレベルのアスリート向けに特化されています。

次に「アスリートシリーズ」は、競技での勝利を目指す方々に適しています。

また、「ボディメイクシリーズ」は、筋肉をしっかりと鍛え上げたい方向け、

そして「ボディシェイプシリーズ」は、引き締まった身体を目指す人たちのためのものです。

これらのシリーズは、パウダータイプだけでなく、飲みやすいドリンクタイプや持ち運び便利なバータイプなど、多様な形態で提供されており、各々のニーズに応じた選択が可能です。

多くの日本人に利用されており安全性・品質に信頼がおける

ザバスのプロテインは、お菓子メーカーの“明治”で作られており、日本で広く利用され、安全性と品質に対する信頼が高いプロテインブランドです。

1980年に誕生して以来、スポーツ界を栄養面から支え、アスリートやスポーツ愛好者に選ばれ続けています。ザバスの製品は、安全性を重視し、国内の自社工場で製造されており、国際的なアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」も取得しています。

さらに、厳選したプロテイン原料とフレーバー技術により、続けやすいおいしさを追求しています。品質、味、続けやすさ、価格の総合的なバランスが良いと評価されており、プロテイン初心者から経験者まで幅広く支持されていることが分かります。

ザバスのプロテインがおすすめな人・おすすめできない人

ザバスのプロテインがおすすめな人・おすすめできない人

ザバスプロテインのメリット

  • 手軽にスーパーマーケットや薬局で手軽に購入することができる!
  • 国産の安心ができるプロテインを飲みたい
  • 自分の目的に合ったプロテインを飲みたい!

ザバスプロテインのデメリット

  • 値段が安いプロテインを購入したい
  • 人工甘味料の味が苦手な人

ザバスプロテインのメリットとしては、利便性の高さが挙げられます。スーパーマーケットや薬局で手軽に購入できるため、忙しい日常の中でも容易に手に入れることができます。

また、国産で安心できる製品をお求めの方には特に適しており、品質に対する信頼性が高い点も魅力の一つです。自分の目的やニーズに合わせた様々な種類のプロテインを選ぶことができるため、フィットネスの目的や体質に応じた最適な製品を見つけることが可能です。

一方で、デメリットとしては、コスト面での懸念があります。特に予算を重視する方にとっては、ザバスプロテインの価格が他の安価なプロテイン製品と比べて高く感じられることがあります。

また、人工甘味料を使用している製品に対して味の好みが分かれる点も考慮する必要があります。人工甘味料の味が苦手な方にとっては、他の自然な甘味を持つプロテイン製品を選ぶことが望ましいでしょう。

これらの点を踏まえ、ザバスプロテインは多くの利点を持ちながらも、全ての方にとって最適な選択肢であるとは限らないということが言えます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で詳細を見る

ザバスと他のプロテイン10選を一覧表で比較!

ザバスと他のプロテイン10選を一覧表で比較!

この一覧表では、人気のある10種類のプロテインを紹介しています。価格情報は各製品の公式サイトから収集し、表示しています。

特に注目すべき点は、ザバスのプロテインが他の製品に比べて定価が高いことです。この一目瞭然の価格差により、ザバスのプロテインは他社製品とは一線を画していることが分かります。

この表を参考にして、自分に合ったプロテイン選びに役立ててください。

商品名 マイプロテイン ビーレジェンド ホエイプロテイン VALX ホエイプロテイン SAVAS ホエイプロテイン100 大豆プロテイン(NICHIGA) WINZONE(ウィンゾーン) ALPRON ソイプロテイン ULTORA(ウルトラ) MADPROTEIN ソイプロテイン FIXIT プロテイン
マイプロテイン ビーレジェンド ホエイプロテイン VALX ホエイプロテイン SAVAS ホエイプロテイン100 大豆プロテイン WINZONE ALPRON ULTORA MADPROTEIN FIXIT
参考価格 6,390円
(1kg)
3,980円
(1kg)
5,115円
(1kg)
4,298円
(1kg)
5,980円
(900g)
2,000円
(1kg)
3,240円
(1kg)
3,456円
(1kg)
5,115円
(1kg)
2,650円
(1kg)
一杯あたりの価格 約194円 約120円 約130円 約186円 約40円 約89円 約98円 約155円 約53円 約112円
一杯あたりのタンパク質含有量(含有率) 約21g
(80%)
約21.2g
(73%)
約22g
(77%)
約20g
(75%)
約16.8g
(84%)
約21g
(72%)
約25.4g
(83%)
約23g
(80%)
約15.5g
(78%)
約22.9g
(80%)
公式サイト
公式サイト
公式サイト

ザバスのプロテインについてよくある質問

ザバスのプロテインについてよくある質問

プロテインが腎臓に負担をかけるのは嘘ですか?

健康な人の場合、プロテインの摂取は通常問題ありませんが、腎臓機能に問題のある人は注意が必要です。タンパク質を摂取すると体内で分解され、老廃物が生じます。健康な腎臓では、これらの老廃物を効果的に体外に排出することができます。

しかし、腎機能が低下している場合、これらの老廃物が適切に排出されず体内に蓄積する恐れがあります。そのため、慢性腎疾患を持つ人はタンパク質の摂取量を制限することがしばしば推奨されます。

制限の必要性は個人によって異なるため、気になる場合は医師に相談することが重要です。

ザバスのプロテインはいつ飲むのが効果的ですか?

プロテインの摂取タイミングについて、特定のルールはありませんが、いつ摂取するかによってボディメイキングの効果に差が出ることがあります。

例えば、朝食がタンパク質を十分に含んでいない場合、朝食時や朝食後にプロテインを摂取することが推奨されます。

アクティブにトレーニングを行う人の場合、トレーニング直後にプロテインを摂ることが、タンパク質の効率的な利用につながるとされています。

また、睡眠中のタンパク質吸収を促進したい方は、就寝前にプロテインを取ることも一つの方法です。

サバスよりもコスパの良いプロテインはありますか?

ザバスのプロテインは980gで5,994円ですが、価格比較をすると他にもコスパの良い選択肢があります。例えば、ビーレジェンドのプロテインはザバスより約1.8倍安価です。

また、マイプロテインは1kgで6,390円ですが、50%オフのクーポンが頻繁にあるので実質的にはもっと安くなります。さらに、エクスプロージョン社のプロテインは3kgで5,990円と非常に経済的です。

これらの選択肢はザバスと比較してコストパフォーマンスに優れています。

【まとめ】ザバスのプロテインはおすすめしない?

【まとめ】ザバスのプロテインはおすすめしない?

ザバスのプロテインは、市場に数多く存在する他のプロテイン製品と比較すると、必ずしもコストパフォーマンスが最も高いとは言えません。

しかし、ザバスのメリットの一つは、日本国内で製造されていることから、品質への信頼感が高く、ユーザーは安心して使用できます。さらに、ザバスのプロテインは、スーパーマーケットや薬局などの身近な場所で購入できるため、初心者でも手軽に入手可能です。

また、オンラインショッピングサイト、例えばAmazonや楽天市場を利用することで、よりお得な価格で購入することができます。

目次
閉じる