【厳選】ダイエットにおすすめのプロテイン10選!選び方や適切な飲み方を解説

この記事にはプロモーションが含まれます。

トレーダ歴7年のこうきさんこうきさん

プロテインを飲んでダイエットをしたいです。ダイエットにおすすめのプロテインを教えてください。

プロテインは3大栄養素のひとつであるタンパク質が主成分で配合されています。タンパク質以外にも、炭水化物や脂質、ビタミンなども配合されているプロテインも販売されています。そのため、プロテインを上手に活用することによりダイエットが進みやすくなります。

もし現在、

  • ダイエットに悩んでいる
  • プロテインを飲んでダイエットをしたい
  • 運動をせずにプロテイン飲んでいいのか?

上記のような悩みを抱えている方は、本記事で紹介しているダイエットに向いているおすすめのプロテインをチェックしてみてください。

【厳選】ダイエットにおすすめのプロテイン10選!選び方や適切な飲み方を解説
  • ダイエットに向いているプロテインを厳選10種類紹介
  • 栄養成分や味、コスパから選ぶ
  • 炭水化物が多いとダイエットに向いていない
  • ダイエットにはプロテインが必要不可欠
小林広和
この記事の執筆者
執筆者-小林広和
株式会社アウトライン代表
20年に及ぶトレーニング期間の中、肉体改造に加え、時には10キロ以上の体重増減を繰り返してきた。 長年のトレーニング経験を踏まえた指導により、大手プライベートジムで初年度に最優秀トレーナー賞を受賞。 一人ひとりに適したメニューをカスタマイズし、どんな方に対しても理想の身体へとモデルチェンジさせることを得意とする。
取得資格

NSCA認定パーソナルトレーナー

NSCA認定パーソナルトレーナー
SNS
目次

ダイエットにおすすめなプロテインの選び方

ダイエットにおすすめのプロテインの選び方

ダイエットにおすすめのプロテインを徹底的に紹介します。ダイエットに適したプロテインの選び方を栄養成分を基準に解説し、長く続けられるプロテインの選び方を紹介しています。

ダイエットの成功は正しいプロテイン選びから始まります。健康的な体作りをサポートする、効果的で美味しいプロテインの情報を集めました。

毎日のライフスタイルに合わせた最良の選択で、理想の体を目指しましょう。

カロリーや炭水化物など成分を重視して選ぶ

プロテイン選びでは、たんぱく質含有率75%以上を目安にし、炭水化物4g以下、脂質2g以下の製品を選びましょう。プロテインは食事の完全な代替品ではなく、栄養補助食品として利用することが推奨されます。

特にダイエット中は、間食や一部の食事に代わるたんぱく質源として使用し、1日に必要なカロリーと栄養バランスを考慮することが大切です。カロリー、炭水化物、脂質などの成分を重視して選択することで、健康的な体重管理をサポートします。

また、パッケージに記載された栄養成分表示をチェックすることも重要です。これにより、余計なカロリーを摂取せずに必要な栄養素を効率的に摂取することが可能となります。

ダイエット方法に適したプロテインの種類から選ぶ

ダイエットに適したプロテインの選び方は、運動の有無やダイエットの目的に応じて異なります。置き換え用プロテインは高カロリーで炭水化物が多いため、ダイエット向きではないです。

プロテインは主にホエイプロテインとソイプロテインの2種類に分けられます。

運動を行うダイエットでは、吸収が速いホエイプロテインが適しています。これは牛乳由来で、運動後の栄養補給に最適ですが、人工的な甘みを感じることもあります。

一方、運動をせず食事管理中心のダイエットには、吸収がゆっくりで腹持ちの良いソイプロテインが適しています。大豆由来で、筋肉増強には不向きですが、味のバリエーションが豊富で初心者にも飲みやすいです。

最終的には、個々のダイエット目的やライフスタイルに合わせて選択することが重要です。

好みの味・無理のない値段など続けやすい商品を選ぶ

プロテイン選びでは、飲みやすさとコストパフォーマンスを重視しましょう。特に、大豆を原料とするソイプロテインは初心者にもおすすめで、1食あたり約100円から始められ、多様なフレーバーから好みのものを見つけやすいです。

また、小腹が空いた時や食事の置き換えには、腹持ちの良いスムージータイプが適しています。運動をする方には、飲みやすいドリンクタイプが最適です。

自分のライフスタイルや好みに合わせたプロテイン選びで、無理なく続けることが可能です。

ダイエットにおすすめのプロテイン10選!

ダイエットにおすすめのプロテイン【10選】

ダイエットをサポートするプロテインの中から特におすすめの10種類をピックアップしました。一覧表では、各プロテインの特徴やダイエットへの効果などを詳しく紹介しています。

低カロリーで効率的なタンパク質補給を可能にする製品から、美味しくて続けやすいフレーバー豊富なもの、価格面でも優れたコストパフォーマンスを誇るアイテムまで、幅広いニーズに応えるプロテインを用意しました。

このリストを参考に、自分に最適なプロテインを見つけて、効果的なダイエットを始めましょう。

​​​

商品名 LYFT ホエイプロテイン アイソレート 九南サービス タンパクオトメ GOLD’S GYM ホエイプロテイン Kentai ウェイトダウンソイプロテイン DHC プロテインダイエットスムージ― BAMBI ウォータープロテインシェイク ULTORA スローダイエットプロテイン ザバス シェイプ&ビューティ GronG BCAAアミノ酸 DNS ホエイプロテイン ビタミン
lyftプロテイン タンパクオトメ プロテイン ゴールドジム プロテイン ケンタイ プロテイン DHCプロテイン BambiWater プロテイン ウルトラ プロテイン ザバスプロテイン grong bcaa
参考価格 6,480円
(1kg)
3,218円
(260g)
5,400円(720g) 4,060円
(1kg)
4,250円
(750g)
2,870円
(250g)
5,940円
(1kg)
3,190円
(900g)
3,980円
(1kg)
1,994円
(360g)
一杯あたりの価格 約196円 約189円 約225円 約81円 約283円 約179円 約180円 約75円 約40円 約166円
一杯あたりのタンパク質含有量(含有率) 約25.1g
(83.7%)
約11.1g
(74%)
約24.3g(81.4%) 約14.6g
(73%)
約20.1g
(40%)
約10.4g
(66%)
約21g
(64%)
約12.5g
(62%)
約8.48g
(84%)
約21.1g
(70%)
公式サイト

LYFT ホエイプロテイン アイソレート トロピカル|スッキリした味わい

lyftプロテイン
販売価格 6,480円
1食あたりのエネルギー量 109kcal
内容量 1kg
タイプ ホエイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 83.7%
成分

エネルルギー109kcal

炭水化物1.8g

たんぱく質25.1 g

食塩相当量0.05g

脂質0.3g

LYFTの「ホエイプロテイン アイソレート トロピカル」は南国風のエネルギッシュで爽快な味わいを持つWPI製法のホエイプロテインで、プロテイン製品の中で最高の83.7%のたんぱく質含有率を誇ります。

低炭水化物、低脂質でダイエットにも適しており、フルーティな味わいが特徴的でジュースのようにスッキリとしています。簡単に溶けるため初心者にも手軽に楽しめ、たんぱく質1gあたりの価格も平均的です。

プロテイン特有の後味が苦手な方にもおすすめの一品です。

九南サービス タンパクオトメ|自然な甘さで飲みやすい

タンパクオトメ プロテイン
販売価格

3,218円

1食あたりのエネルギー量 55.95kcal
内容量 260g
タイプ ホエイプロテイン+ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 74%
成分 エネルギー: 55.95 kcalたんぱく質: 11.07 g

脂質: 0.54 g
炭水化物: 1.69 g
食塩相当量: 0.29 g

ビタミンB1: 1.845 mg
ビタミンB6: 1.785 mg
ビタミンC: 325.5 mg
ビタミンE: 8.925 mg
葉酸: 200 μg
鉄: 2 mg
亜鉛: 8.8 mg

九南サービスの「タンパクオトメ」は、ホエイとソイを組み合わせたプロテインで、8種類のビタミンと葉酸が特徴的です。たんぱく質含有率は74%で、1杯あたり55.95kcalの低カロリー設計です。

ダマになりにくく、サラッとした喉越しは水分補給感覚で飲める点が魅力ですが、たんぱく質1gあたりのコストはやや高めです。

自然な甘さとほのかな大豆風味があり、味わいはやや薄めであるとの意見もありますが、全体的にダイエット中の人におすすめのプロテインです。

GOLD’S GYM ホエイプロテイン|高たんぱく低脂質でダイエット向き

ゴールドジム プロテイン
販売価格 6,390円
1食あたりのエネルギー量 113kcal
内容量 720g
タイプ ホエイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 81.4%
成分 エネルギー: 112.5 kcal
たんぱく質: 24.48 g
脂質: 0.39 g
炭水化物: 2.73 g
ナトリウム: 242.4 mg
カルシウム: 16.8 mg
カリウム: 87 mg
マグネシウム: 4.2 mg
鉄: 0.06 mg
ビタミンB1: 0.9 mg
ビタミンB2: 1.2 mg
ビタミンB6: 1.32 mg
ビタミンB12: 8.37 μg
ナイアシン: 10.41 mg
パントテン酸: 5.1 mg
葉酸: 7.8 μg
ビタミンC: 39 mg

GOLD’S GYMの「ホエイプロテイン+ホエイペプチド&ビタミン」は、7種類のビタミンとホエイペプチドを含むWPI製法のホエイプロテインで、たんぱく質含有率は高い81%に達します。脂質はわずか0.5gとダイエット中の方にも安心の成分構成です。

スッキリとした喉越しで運動後にも飲みやすく、ダマにならずに粉がよく溶ける点が特徴です。ただし、一部のモニターによると人工的な甘さが強いため、甘味を好む人にはお菓子の代わりとして適していまん。

甘さに敏感な方には合わないかもしれません。

Kentai ウェイトダウンソイプロテイン|ビタミン・ミネラルが豊富

ケンタイ プロテイン
販売価格 4,060円
1食あたりのエネルギー量 75.8kcal
内容量 1kg
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 73%
成分 エネルギー 75.8 kcal
たんぱく質 14.6 g
脂質 1.2 g
炭水化物 2.4 g
食塩相当量 0.35 g
鉄 2.5 mg
カルシウム 30 mg
マグネシウム 10 mg
ビタミンA 100μg
ビタミンB1 0.2 mg
ビタミンB2 0.2 mg
ビタミンB6 0.2 mg
ビタミンB12 0.4 μg
ビタミンC 17 mg
ビタミンD 1.1 μg
ビタミンE 1.6 mg
ナイアシン 2.2 mg
パントテン酸 1.3 mg
葉酸 44 μg

健康体力研究所の「Kentai ウエイトダウン ソイプロテイン」は、ビタミン、ミネラル、食物繊維を含む低カロリーのプロテインです。たんぱく質含有率は73%で、1杯あたり75.8kcalという低カロリー設計はカロリーを抑えたい人に最適です。

さらに、わずか数回の振動でダマにならずに良く溶け、サラッとした飲み心地を提供します。

甘いお菓子のような香りも特徴ですが、一部のユーザーは味が薄く、特に後味の酸味が気になると指摘しています。

DHC プロテインダイエットスムージ―|低糖質ながら腹持ちも抜群

DHCプロテイン
販売価格 4,250円
1食あたりのエネルギー量 167kcal
内容量 750g
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 20.1%
成分 エネルギー 167 kcal
たんぱく質 20.1 g
脂質 1.5 g
炭水化物 22.4g
一糖質 14.7g
食物繊維 7.8g
食塩相当量 0.5 g
亜鉛 5.0mg
カリウム 950mg
カルシウム 400mg
クロム 30 ug
セレン 20 ug
鉄 8.0 mg
銅 0.8 mg
マグネシウム 140mg
マンガン 2.2 mg
モリブデン 30 ug
ヨウ素 110 ug
ナイアシン 15mg
パントテン酸 4.5mg
ビタミンA 550 ug
ビタミンB1 1.5mg
ビタミンB2 1.0mg
ビタミンB6 1.0mg
ビタミンB12 3.2 ug
ビタミンC 60mg
ビタミンD 3.8 ug
ビタミンE 6.5 mg
葉酸 180 ug
ポリフェノール(ブドウ種子エキス由来) 120mg
オルニチン塩酸塩 120mg
コエンザイムQ10 35mg
ヒアルロン酸 20mg
ビタミンP 2mg

DHCの「プロテインダイエットスムージー」は、運動をしていない女性にも最適な食事代替品です。このスムージーは、1食分で必要なたんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維を充分に提供し、健康的なダイエットをサポートします。

満足感のあるスムージータイプで、美味しく栄養を補給できます。また、女性の美と健康を考えて、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、乳酸菌、オルニチンなどの成分が配合されている点が特徴です。

これらの成分は、肌の保湿やエネルギー生成、腸内環境の改善、体力の維持に役立つことが知られています。

BAMBI ウォータープロテインシェイク|栄養と美容成分が摂れる

BambiWater プロテイン
販売価格 2,870円
1食あたりのエネルギー量 55.1kcal
内容量 1kg
タイプ ホエイ+ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 66%
成分

エネルギー 55.1 kcal
たんぱく質 10.4 g
脂質 0.4 g
炭水化物 2.7 g

• 糖質 2.0 g
• 食物繊維 0.8 g
食塩相当量 0.2 g
ナイアシン 4.35 mg
パントテン酸 1.93 mg
ビタミンA 309.54 μg
ビタミンB1 0.44 mg
ビタミンB2 10.97 mg
ビタミンB6 0.44 mg
ビタミンC 36.85 mg
ビタミンD 2.03 μg
ビタミンE 2.11 mg
葉酸 88.4 μg

BAMBIの「バンビウォータープロテインシェイク バナナ味」は、運動をするしないに関わらず、女性のダイエットに適した低カロリープロテインです。この製品は、美容と栄養を手軽に摂取できる点が特徴で、2種類の食物繊維が膨張して長持ちする満腹感を提供します。

低糖質・低脂質のWプロテイン配合で、プラセンタを含む8種類の美容成分と、難消化性デキストリンなどのダイエット補助成分を3種類含んでいます。

さらに、アミノ酸スコアが100であり、アミノ酸のバランスも優れています。このシェイクは、美容を意識する女性にとって栄養補給とダイエットサポートの両方を提供する理想的な選択肢です。

ULTORA スローダイエットプロテイン|カゼイン配合で女性におすすめ

ウルトラ プロテイン
販売価格 5,940円
1食あたりのエネルギー量 113kcal
内容量 1kg
タイプ ホエイプロテイン
原産国 ドイツ
タンパク質含有量 70%
成分

エネルギー 113 kcal
たんぱく質 21.0 g
脂質 1.4 g
炭水化物 4.2 g

• 糖質 3.7 g
• 食物繊維 0.5 g
食塩相当量 0.2 g
ビタミンC 27 mg
ナイアシン 6 mg
パントテン酸 3.5 mg
ビタミンB6 0.8 mg
ビタミンB2 0.8 mg
ビタミンB1 0.7 mg
ビタミンB12 2.7 μg

ULTORAの「スローダイエットプロテイン 黒ゴマきなこ風味」は、運動をするしないにかかわらず、女性に適したプロテイン製品です。このプロテインは、ゆっくりと吸収されるカゼインプロテインと、素早く吸収されるホエイプロテインを組み合わせており、効率的な栄養摂取をサポートします。

また、7種類のビタミンが配合されており、体の内側からの健康をサポートします。黒ゴマときなこ風味が特徴的で、おいしく栄養を摂取できることから、美容や健康に気を配る女性に最適なプロテインとなります。

ザバス シェイプ&ビューティ|とにかく引き締めたい人向け

ザバスプロテイン
販売価格 3,190円
1食あたりのエネルギー量 76kcal
内容量 900g
タイプ ソイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 62%
成分

エネルギー 76 kcal
たんぱく質 12.5 g
脂質 0.5 g
炭水化物 5.6 g

• 糖質 5.1 g
• 食物繊維 0.2~0.8 g
食塩相当量 0.30~0.73 g
カルシウム 280 mg
鉄 3.65 mg
マグネシウム 50 mg
ナイアシン 1.6~4.7 mg
パントテン酸 0.46 mg
ビタミンA 110~340 μg
ビタミンB1 0.50 mg
ビタミンB2 0.57 mg
ビタミンB6 0.42 mg
ビタミンB12 0.11 μg
ビタミンC 32 mg
ビタミンD 9.1 μg
ビタミンE 0.95 mg
コラーゲンペプチド 1500 mg

明治製菓の「ザバス シェイプ&ビューティ」は、大豆プロテインとフィッシュコラーゲンを組み合わせたプロテイン製品です。運動後のたんぱく質補給に大豆プロテインが役立ち、美容を意識する方にとって嬉しいフィッシュコラーゲンが1500mg配合されています。

さらに、10種のビタミンと3種のミネラルも含まれており、日常生活で不足しがちな栄養素を効率よく摂取できます。このプロテインは溶けやすく、夏は冷たいアイススタイル、冬は温かいホットスタイルで楽しむことができます。

季節を問わずに美味しく栄養補給が可能です。

GronG BCAAアミノ酸|必須アミノ酸配合で低カロリー

grong bcaa
販売価格 3,980円
1食あたりのエネルギー量 38kcal
内容量 1kg
タイプ BCAA
原産国 日本
タンパク質含有量 84%
成分 エネルギー 38 kcal
タンパク質 8.48 g
脂質 0.08 g
炭水化物 1.2 g
食塩相当量 0 g

GronGの「BCAAアミノ酸」は、体内で合成できない必須アミノ酸BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を配合した製品です。

たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸の中で特に重要なこの3種のアミノ酸は、運動後の疲労回復を効果的にサポートします。

味は甘すぎず、運動後にも飲みやすい設計になっているため、トレーニングやエクササイズの後のリカバリーに最適です。この製品は、アクティブなライフスタイルを送る方にとって、重要な栄養補給源となるでしょう。

DNS ホエイプロテイン ビタミン|美味しいプロテインが飲みたい人向け

販売価格 1,944円
1食あたりのエネルギー量 119kcal
内容量 360g
タイプ ホエイプロテイン
原産国 日本
タンパク質含有量 70%
成分 エネルギー 119 kcal
たんぱく質 21.1 g
脂質 1.9 g
炭水化物 4.3 g
食塩相当量 0.2 g
ビタミンC 144 mg
ビタミンB1 2.7 mg
ビタミンB2 1.7 mg
ビタミンB6 2.7 mg
ビタミンB12 7.2 μg
パントテン酸 7.2 mg
ナイアシン 26.1 mg

DNSの「ホエイプロテイン ビタミン」は、7種類のビタミンを含み、板チョコのような親しみやすい甘さととろみのある喉越しで人気です。飲み終わった後の満足感も高く、チョコレート風味が自然で飲みやすいと評価されています。

しかし、たんぱく質含有率は70%と若干低めで、炭水化物の量は4g以上とダイエットには少し多いかもしれません。価格面でも、たんぱく質1gあたりが高値のため、コストを考慮する方には不向きかもしれません。

全体的には味の良さに重点を置いたプロテインです。

ダイエットに効果的なプロテインの飲み方

ダイエットに効果的なおすすめの飲み方

ダイエットにおけるプロテインの効果的な飲み方を徹底解説します。

特に朝食時、間食時、そして運動後にプロテインを摂取する方法を紹介していきます。それぞれのタイミングでのプロテインの役割や効果、さらにはどのように摂るとよりダイエットに効果的かを、具体的な例と共に詳しく説明します。

健康的な体重管理を目指すあなたに、最適なプロテイン活用法を伝授します。

運動をしない人|朝や間食時の摂取がおすすめ

朝にプロテインを摂取することは、夜間の成長ホルモン分泌によるタンパク質の消費を補い、栄養不足を解消する効果的な方法です。特に起床直後に摂ることで、タンパク質不足の時間を短縮できます。

飲みにくい場合は、ジュースなどに溶かして飲むのがおすすめです。また、置き換えダイエットとしてだけでなく、パンやフルーツと組み合わせて栄養バランスを考慮することが大切です。

一方、間食時にプロテインを摂ることで、食べ過ぎの防止や、遅い時間の空腹感を満たすことができます。しかし、3度の食事をしっかり摂っている場合やお菓子を控えられない人は、カロリーオーバーに注意が必要です。

プロテイン摂取はダイエットだけでなく、健康的な生活習慣の一環として考えることが重要です。

運動をする人|運動後45分以内の摂取がおすすめ

運動後45分以内はプロテイン摂取の「ゴールデンタイム」とされ、筋肉の修復と成長に効果的です。この時期にプロテインを摂ると、たんぱく質の合成が促進され、筋肉量の増加に寄与します。

運動直後には、特に低カロリーで早く吸収されるホエイプロテインが推奨されます。一方で、一度に吸収できるたんぱく質量には限界があるため、1日の必要量を分散して摂取することも重要です。

運動前のプロテイン摂取も、筋肉の分解を防ぐ効果があります。運動後のプロテインは、筋トレ効果の最大化と健康的な体づくりに欠かせない要素です。

ダイエットとプロテインの利用についてよくある質問

ダイエットとプロテインの飲み方の質問

ダイエットとプロテインの関係性を抱える疑問に答え、プロテインの正しい摂取方法やダイエットへの効果を解説します。適切な使用で、より効果的なダイエットを実現しましょう。

運動をしなくてもプロテインの活用でダイエットは出来ますか?

ダイエットにおいては、運動を行わなくても、食事の前にプロテインやたんぱく質を豊富に含む食品を摂取することで、満腹感が得られます。これにより食べる量が自然と減り、結果的にカロリー摂取を抑えることが可能になります。

つまり、プロテインはダイエットにおいて、食事量のコントロールを支援し、効果的に体重管理をするための一つの手段となり得ます。運動と組み合わせることでさらなる効果が期待できますが、運動をしない場合でもプロテインの利用は有効です。

プロテインダイエットはどのくらいで効果がでますか?

プロテインダイエットの効果を実感するまでの期間は、最低でも1か月以上と考えられていますが、顕著な変化を感じるには3か月程度かかることが一般的です。

この期間は個人差が大きく、体質や生活習慣、プロテインの摂取量やタイミングによっても異なります。

プロテインダイエットは短期間での急激な変化を目指すよりも、健康的な体づくりと持続可能なライフスタイルの一部として取り入れることが推奨されます。

プロテインは飲みすぎると太りますか?

プロテインの摂取が直接的に体脂肪の増加を引き起こすことはないです。しかし、摂取量やカロリーには注意が必要です。低カロリーのプロテインを選べばカロリー摂取を抑えることができ、ダイエットに効果的です。

しかし、プロテインの過剰摂取はカロリー過多に繋がる可能性があるため、全体の食事バランスを考慮しながら適量を摂取することが大切です。腹持ちが良い特性を利用して食事制限をサポートし、健康的な体重管理を目指すことが推奨されます。

【まとめ】ダイエットにおすすめのプロテイン10選!

【まとめ】ダイエットにおすすめのプロテイン

プロテインは、筋肉の回復と成長を助ける重要な栄養素です。特に運動後に摂取することで、筋肉痛の軽減や筋力アップに効果があります。

ダイエット中の方にとっては、低カロリーで高タンパクな食品を選ぶことが重要です。プロテインは理想的な選択肢の一つです。

また、小腹が空いた時の間食としてプロテインを利用するのも良い方法です。プロテインは満腹感を与え、不要なカロリーを食べ過ぎを防ぐのに役立ちます。

プロテインを活用する際には、食事全体のバランスも考慮することが重要です。バランスの取れた食事と組み合わせることで、健康的な体づくりをサポートすることができます。

目次
閉じる